I've / G.C.BEST -I've GIRL's COMPILATION BEST-

G.C.BEST -I've GIRL's COMPILATION- 初回盤

G.C.BEST -I've GIRL's COMPILATION- 初回盤

 

 北海道に拠点を置き、アニメ/ゲーム系の楽曲を中心に制作するクリエイターチームによるGIRLS COMPILATION(以下:GC)シリーズの編集盤。

 

 I've発足15周年を記念したベストアルバム。過去にリリースしたGCシリーズ全7作品+αの全楽曲を対象に人気投票が実施され、その上位25曲に新曲を加えた全26曲をリマスタリングし、2枚組でまとめられた大ボリューム盤。そもそもGC自体がその時々の選りすぐりを形にした編集盤なわけで、そこから更にふるいにかけるとなると、本当に珠玉の楽曲しか残らない贅沢極まりない作品になること必至、なのです。で、収録曲を見てみると、近年のGC「EXTRACT」「COLLECTIVE」からの選出が多めで、それらの名曲率の高さが分かる一方で、逆に初期作からの選曲は控えめ。なので新旧満遍なくというよりは「どこに出しても恥ずかしくない曲」がキッチリ揃った感じ。この辺り、思い入れの深さと完成度の間で逡巡する古参ファンの複雑な感情が伝わるよう(笑)。まぁ「The Front Line Covers」(最初期の楽曲を黄金期の歌手でカバーした作品)も出ているし、偏りはある程度仕方ないのかな。しかしI'veの原点である「FUCK ME」(美妃)だけは当然のように選ばれています。やっぱりこれは必須。アルバム初収録となった日本武道館ライブの配布曲「Fair Heaven」(I've Special Unit)も感動的だし、ここでしか聴けない書き下ろしの「Blaze a trail」(川田まみ)もソリッドで格好いい。他も概ねI've黄金期を支えた歌手、また彼女たちにとって重要な位置づけになった曲、人気の高い曲、象徴するような曲は昔の曲も含め大部分が押さえられていると言ってもよく、複数の個性的な専属歌手を擁する強み、多彩なクリエイターとの化学反応といった武器を最大限に生かし、核となるものを保ったまま進化を続け、多くの同業者や後続にも影響を与えるなど、絶大なブランドを築いたI've soundの歴史そのものが垣間見える作品になっています。I've(メジャーのI'veしか知らない人含む)への入門として非常に魅力的だし、コアなファンにとっても(人によっては選曲に多少の不服はあれど)、当時のPCゲーム業界の隆盛も含め、もう二度と来ない時代への憧憬も重なった唯一無二の良曲集であり続けることでしょう。 

 

 

全曲レビューはこちら。

http://mechanicalflower.hatenablog.jp/entry/2019/01/19/194936