KMFDM / Opium

Opium

Opium

 

 ドイツ出身のインダストリアルバンドの幻のデビュー作(1984年/2002年)。

 

 当初はカセットテープでリリースされていたものを再編集/リマスターし2002年に(その後2013年に再度)CD化したもので、彼らの12thアルバム「WWIII」の国内盤には特典として付属していました。彼らはインダストリアルメタル/ダンスの代名詞みたいな存在に上り詰め一時代を築いたけど、実は意外にも「出がThrobbing Gristle」のようで、最初期はアートパフォーマンス集団のようなスタンスで実験的な音楽をやっていたようです。そんな出自が最も反映されたと言えそうな本作は、サンプリングや雑音に近い電子的な残響音などが跋扈するなかなかマニアックな世界。普通に歌われる曲は少ないけど、全体的にダブ/レゲエ的な要素が散見される点は後のKMFDM(特に「UAIOE」)に繋がるとも言えそうだし、PIGとしてデビューする以前のRaymond Watts(この当時正式メンバーとして在籍)がボーカルを執った楽曲はまるでPIGの原型。他にもそのまんまDAFなハンマービート曲、いかにもThrobbing Gristleな不気味なノイズ曲などもあり、総体としては結構カオス。音楽的にもだけど、バンドの路線がいかにも模索中という見方でもまさに実験的というか。それ故に今の面影も掴みどころもないけど、音質の調整の甲斐もあって、個人的には今聴いてもグッとくるものがある一枚です。