MELL / MIRAGE

MIRAGE 〈初回限定盤〉

MIRAGE 〈初回限定盤〉

 

 I've専属ボーカリストの2ndアルバム。

 

 前作とは異なるテーマを念頭に制作に臨んだというだけあって、全体を通した印象はまるで違います。今回インディーズ時代のレパートリーからは彼女を代表する名曲トランス「砂漠の雪」が収録され、それを真ん中に置きつつ、そのイメージに沿った比較的メロディの立つ楽曲が多め。それもシンセポップ/エレクトロ/ダンス系の歌モノからハードトランス/インダストリアルロックの域にある硬質な楽曲まで、4つ打ちを基調としながらもなかなかに多彩だし、発音の達者な全英詞曲もいつも通りお手のもの。また、彼女のライブサポート等で縁のあった元SOFT BALLET森岡賢も楽曲を3曲提供。タイプは違えどそのどれもがSOFT BALLETが透けて見えるような包容力を感じさせるもので、アルバムに更なる幅を与えると同時に、慈愛に溢れるような本作のムードをより確かなものにしています。大上段に構えたダークな前作にはあまり無かった一面だけど、それは彼女が昔から持ち合わせていた表情でもあり、それがI'veの粋を集めたようなサウンドと彼女の成長が理想的に噛み合うことで、一段上に上がった間口の広さと完成度で実現したのかなと。まさに渾身の一枚。興味のある方はアニソンという色眼鏡を外して、是非。ちなみに余談ですが、この本作と、川田まみ「LINKAGE」、KOTOKOイプシロンの方舟」の3枚はおよそ1年間の間に世に出ているのだけど、メジャーシーンにおけるI'veの三種の神器というか、当時の彼らの強力な勢いを象徴する好盤たちだと勝手に思っています。