石川忠 / DUCTILE

DUCTILE サウンドトラック SHINYATSUKAMOTO?S FILM/MUSIC BY CHU ISHIKAWA

DUCTILE サウンドトラック SHINYATSUKAMOTO?S FILM/MUSIC BY CHU ISHIKAWA

  • アーティスト: 映画主題歌,サントラ,石川忠
  • 出版社/メーカー: ダブリューイーエー・ジャパン
  • 発売日: 2000/01/26
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

  ZEITLICH VERGELTERやDer Eisenrostでも活躍した映画音楽家/メタルパーカッショニスト石川忠による編集盤。

 

 映画監督・塚本晋也の映画作品にそれまで提供してきた数々の映画音楽からセレクトされたベスト盤。サントラ盤の「鉄男 (TETSUO)」を始め「双生児 (GEMINI)」「BULLET BALLET」「A SNAKE OF JUNE」やDer Eisenrostと共同名義の「TOKYO FIST」からも選出されており、ここまでの彼の映画音楽家としての創作を統括するような内容。例によって映画は一切観たことはないですが、作品に通底するという鉄・暴力・血・肉体・エロスといったテーマを具現化させるかのようなサウンドが本作には満載。木目細かく多重に鳴らされるメタルパーカッションの金属音は単純に迫力があるし、肉体的/直感的なビートがとても心地よい。そこにオーケストレーションや民族楽器などを融合させ、情景を描写しながら精神を煽り立てるような演出をもって迫ってくる楽曲は、変にマニアックに陥ることなく、聴き手の正面から届けようとする潔さを感じます。選出元によって雰囲気に大きな差はないけど、「TOKYO FIST」からの楽曲はギターをガッツリ導入した超速インダストリアルメタルがとてもカッコいい。またラスト3曲はボーナス(レア)トラックとの位置づけで、ここだけ明らかに他の曲よりも完成度が高い。奥行きを感じさせるミキシングで荒廃的な空気感が素晴らしい。思うさま鉄筋インダストリアルに浸っちゃいましょう。