16Volt / SuperCoolNothing

Supercoolnothing

Supercoolnothing

 

 US出身のインダストリアルロックバンドの4thアルバム(1998年)。

 

 上記のジャケットはレーベル移籍後の再発盤のもの。オリジナルのジャケットは鬼ダサイです。さて内容ですが、1stアルバム以来となる外部プロデューサーを起用。Nine Inch NailsMarilyn Mansonにも関わったというBill Kennedy、劇伴作家のJoseph Bisharaといった面々(と自分たち)が名を連ねています。しかし特に何かが大きく変わったりパワーアップしていたりという感触はなく、前作の無味無臭インダストリアルロックの延長といった感じ。細かい違いを探すなら、激しい曲はより迫力を増したし、スローなパートや楽曲の腰の据わった聴かせ方も少しだけ新鮮。実際アルバムを通してより印象に残るのは、アンビエント風の「Low」やラストのシューゲイザー風の「At The End」だったりするので。しかし彼らを特徴づけるほどでもなく、全体的にはまずまずといったところ。とは言え、後(2002年)にデモ/リミックス音源を合わせた2枚組の「~V2.0」として再発し、その中の楽曲がPlayStation2の某ゲームソフトの中で使用されたらしいので、彼らにとっては人気を博した作品と言えるのかも。