Pitchshifter / Deviant

Deviant

Deviant

 

 UK出身のインダストリアルロックバンドの5thアルバム。

 

 エリザベス女王ローマ法王の顔を合体させたジャケットがインパクトのある本作。しかしそこまでバンドを引っ張っていたギタリストJohnny Carterの脱退が影響してか、前作で魅せたドラムンベース/ジャングルを下地としたデジタルサイバーロック感が消失し、全体的にややスローダウンしたインダストリアル風ヘヴィロックになっちゃいました。サンプリングも目立たない位置に引っ込み、サウンドの有りようがすっかり没個性化。それなりに軽快なスピード感を残す曲もあるにはあるし、元Dead KennedysのJello Biafraが参加した「As Seen On TV」も聴きどころだけど、テンションの低い曲もちょいちょい挟まるので全体の印象がパッとしない。これは個人的に後期のStatic-Xに感じたガッカリ感に似ていると思いました。単体で見るとそんなに悪い作品ではないとは思うけど、アメリカ型インダストリアルロックとは異なる魅力を確立させた傑作の前作とどうしても比較してみてしまうし、なんならもっと遥かにコアな音楽性だった初期を思い返すと、その変化に尚クラクラしてしまいます。