harshrealm / [she/underwater]

[she/underwater]

[she/underwater]

 

 福岡を拠点に活動する2人組エレクトロニック/インダストリアルロックバンドの1stアルバム。

 

 1stシングル収録の2曲を含み、それらの先行して発表した楽曲を軸に拡充した世界を提示。大別すると、例えばCrossbreedや彼らと親交のあるProfessional Murder Musicにも似たシンセ主体/ゴス風味/インダストリアル要素を持つロックだけど、ありがちなニューメタルをベースにした大味なものではなく、あくまでもEBM/トランス/エレクトロニカ/へヴィロック等を巧みに通過した上での多彩さ、重厚さ、また相反する浮遊感を感じさせます。アグレッシブなリフを繰り出す攻撃的な曲から、ピアノ/エレクトロで静謐に聴かせる曲まで幅があり、デジタル/プログラミングも多用していながらも、流れ良く、また泰然と紡がれる芯の通った退廃的で陰影の深いサウンドは「ヨーロッパの湿気」とも称されたそう。ダークネス/へヴィネス/メランコリーのバランスが見事で、かつちゃんとポップなのが嬉しいところ。ちなみに元KMFDMのEn EschやGünter Schulzが一部ゲスト参加しているというインダストリアルロックファンには注目のトピックも。初めて聴いたときは、彼らの情報の少なさから来るミステリアスな印象、魅惑的なアートワーク、また日本のバンドからこんな作品が生まれるんだという驚きもあって、相当な衝撃を受けたものでした。全体的な水準はかなり高いと思うし、そういう個人的な思い入れや相性も手伝って、何年も経った今でも色褪せない作品として君臨しています。当ブログ推奨盤。