I've / COLLECTIVE

Collective

Collective

 

 北海道に拠点を置き、アニメ/ゲーム系の楽曲を中心に制作するクリエイターチームによるGIRLS COMPILATIONシリーズの第6弾。

 

 まず何よりもタイトル曲であるKOTOKO「Collective」の存在感。空間を切り裂くノイズギターとマシーナリーなプログラミングビート、冷徹に打ち鳴らされるシンセにうねり続けるベース。それらが混然一体となった無機質でハードなトラックの上を、ブックレットに表記できない過激な詞でKOTOKOが不敵に歌う。I've史上最強のインダストリアルナンバーで、唯一のこの書下ろし曲のために作品を手に取っても損はないでしょう。そんな「Collective」をラストに、そして島みやえい子によるこれまた強力なインダストリアル曲「Automation」を導入部に配置した並びだけでも垂涎なのに、その中を固める楽曲群も、王道トランスからガールポップまで歌い分けるKOTOKOを中心に、名曲「IMMORAL」によりターニングポイントを迎えたと自身で語る川田まみ、英詞バラードを高い歌唱力で歌い上げるMELL電波ソングでアルバムにスパイスを加える詩月カオリらといった黄金期の面々が個性豊かにひしめき合い、完成度はもちろんその他の歌手/楽曲も含めたラインナップのバランスと充実ぶりが見事で、I'veのひとつの完成形と言って差し支えないです。元々2枚組で予定されていて直前に1枚に変更されたそうだけど、それが良い方向に働いて作品を強固なものにしたのかも。半ば謎の存在としながら優れた歌手/楽曲を輩出し、シーンの頂点にまで登りつめたI'veの第一期を締めくくる大名盤。

 


KOTOKO - Collective