読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Marilyn Manson / The High End Of Low

High End of Low

High End of Low

 

 US出身のMarilyn Manson率いるインダストリアルロックバンドの7thアルバム。

 

Marilyn Mansonが三部作を発表していた頃にバンドに在籍し、右腕として活躍したベーシストTwiggy Ramirezが10年振りに復帰したことでも話題となった本作。更にはかつてNine Inch Nailsにも在籍したドラマーChris Vrennaをドラム/プログラミング/プロデュースに迎えており、そういった経緯から"往年のサウンド"を期待する声も一部であったのだとか。実際にもシングル曲を中心にやや勢いを取り戻した曲もあれば、どこか懐かしさまでも感じさせる曲もあったりします。そういう意味では前作より曲のレンジは広がっているけど、根本的に三部作時代の代表曲とは異なるベクトルだし、全体を通して大きく存在感を放つのはむしろアコースティックかつメランコリックな歌モノで、アレンジそのものはかなりシンプルな方向性に絞られています。前作の内省的なムードを引き継ぎながら、その上に新たな彼らなりのスタンダードを目指した作品というイメージ。悪くはないけど、スローな曲のテンポ感が似たり寄ったりで間延び気味なのが残念だし、「Irresponsible Hate Anthem」じゃないけどもう少しアンセム的な存在感というか、攻めっ気のある曲があれば良かったなと。