読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fear Factory / Concrete

Concrete

Concrete

 

 US出身のインダストリアルメタルバンドの初期の未発表音源を集めた編集盤。

 

彼らがデビューする前に、へヴィロック界の著名プロデューサーRoss Robinson指揮のもとレコーディングされていながらも、諸事情で発表されなかった楽曲をまとめて編成されたもの。当然、後に彼らの代名詞となったデジタルな仕掛けを伴うへヴィサウンドの面影は一切なく、ボーカル低く唸りまくり・重低音叩きつけまくりの血生臭く暴力性の高いサウンドで一気に駆け抜けていく、とってもグラインドコアなアルバムになっています。一部の楽曲は後の1stアルバム「Soul Of A New Machine」と重複しながらも、こちらの方が篭った音質や荒々しいプレイによってより剥き出しの迫力を感じるので、1st以上にまるで違うバンドのようにすらも聴こてしまう。ジャケットやタイトルから期待してしまうインダストリアルな匂いは皆無だし、管理人は別にこの手のジャンルを特別好んでいるわけではないけど、それでもこれはこれでとてもカッコいいと思わされるものがありますね。この方向を保ったまま進化した彼らも見てみたかったかも。

 

広告を非表示にする