読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KOTOKO / 羽 -hane-

K 邦楽
羽-hane- 羽-hane-
(2004/04/21)
KOTOKO

商品詳細を見る

I'veの専属ボーカリスト/シンガーソングライター(当時)のデビューアルバム。以前紹介した自主制作盤ディスコグラフィに数えないようなのでこれが1stになります。

 

KOTOKOのメジャーデビュー作品であり、同時にI'veにとっても初めての専属歌手のメジャーデビューとなった記念すべき作品。KOTOKO自身が作詞作曲を手がけた楽曲を中心にし全面的な編曲や一部の作曲でI'veの中心作家がバックアップするという構成。しかしサウンドとしてはこの頃にI've発表曲で少しずつエレキギターを取り入れた(解禁した)曲が増えていた方向性をそのまま継承し、ロックへのアプローチを大きく打ち出した意欲作という位置づけになっています。ただし楽曲に関しては全体的にシリアスな方向に寄っており、ここまで何度も歌われてきたゲームタイアップ曲に比べるとだいぶ地味。数回目の収録となる初期の重要曲やガールズコンピ収録の「Lament」といった良曲が存在感を放つ一方で、清廉としたミディアムナンバーや重たいバラードなんかは味気なく聴こえる上に一曲が長いということもあり通して聴くと少々退屈な印象。彼女がなまじ何でも高いレベルで器用にこなしてしまうがゆえに色々と手を出して散漫になることを避けたのかも知れないけど、もう少し煮詰めて欲しかったとも思います。それだけに昨今のアニメ歌手として大成しているKOTOKOが好きな人が後追いで聴くとすればあまりお勧めはしないけど、例えばこれがインダストリアル音楽やI'veサウンドを一通り通ったような人間からすると一部の曲はインダストリアルロックとして十分に聴き応えがあります。

 

広告を非表示にする