トモコDEATH / DEATH CARMEN

DEATH CARMEN

DEATH CARMEN

 

東京を中心に活動したデジタルハードコアユニットの1stアルバム。

 

詳しくは知らないんですが、トモコという女性ボーカリストをPYLONというプロデューサーがプロデュースする形で活動していたようです。合計3枚のアルバムを残していて、そのうちの1枚目がこちら。彼らは民族音楽とデジタルハードコアを組み合わせた音楽をやっているようで、この1stではどうやらスパニッシュな香りのする音楽との融合がコンセプト。1曲目からいきなり「サクロモンテの丘」というタイトルで、フラメンコギターのストロークの上にティンホイッスルの音色が鳴り響くといういかにもエスニックな牧歌的サウンドが始まり、途中からドムドムと力強い打ち込みリズムとトモコのデスボイスが加わるというなかなか異端な楽曲に仕上がっています。それ以外の曲はドラムンベースを下地にした直線的な楽曲がメインになっていて異国っぽさはさほど打ち出してはおらず、ところどころにフラメンコギターが少し聴こえる程度。欲を言えば何かもう一捻り欲しかったけど、ユニットやアルバムの方向性自体がユニークなので変わった音楽が好きな人は割と楽しめると思います。