101A / apotosis

 東京を中心に活動するポストロック/シューゲイザーバンドのミニアルバム(2002年)。

 

実はCD-R作品で、正確には101Aの前身となったバンド時代に制作されたもの。なので、実質的には前回紹介した「01」がその名の通り1stアルバムで、こちらは「Before 1st」という位置づけにされています。そのせいか、この作品で聴ける音は後の彼らのサウンドとは若干毛色が異なる印象。ギターサウンドの厚みを駆使したドリームポップ/シューゲイザー系のアプローチで、ノイジーで暗いアンビエント曲も挟むものの、全体的にはそれなりに快活で真っ直ぐな曲調と、陶酔感・恍惚感を招くようなサイケな雰囲気が漂います。そして幾重にも重ねられたギターノイズはいい感じにやかましく、この時点ではドラマー不在だったためか打ち込みのリズムトラックはもちろん無機質で、そしてそれらを逆手にとったバンドサウンドの音作りの妙はインダストリアル好きにもたまらないバランス。後期のCurveにも近いものを感じます。

 

広告を非表示にする