島みやえい子 / hologram

 I've所属(当時)のボーカリスト/シンガーソングライター島みやえい子のインディーズアルバム。当時の名義は「島宮えい子」。

 

 音楽講師/ボイストレーナーとして活動し、KOTOKO川田まみを見出した人物。音楽的な素養や実力はこの時点で約束されているということでもあり、シンガーソングライターとしての実力も高く音楽性もある程度完成されており、最初期の作品にありがちなブレ・不安定さは感じられません。耳に優しいヒーリングミュージックのようなサウンドは柔らかく温かみがあり、えい子先生の歌声も透き通るような透明感と気品を感じさせ、かつ親しみやすく、重厚なコーラスワークも圧巻。冒頭を飾る代表曲であり永遠の名曲「スカラベの祈り」の存在感は別格としても、スローな曲が多くそれほどキャッチーでもないのでやや地味ではあるけど、そこをI'veの高瀬一矢が手がけ、ポップなトランスチューンとして生まれ変わった「スカラベの祈り -brown sugar style-」が最後に配置され、一気に持っていくことで大きなカタルシスが用意されているところなんかも上手いなーと思います。「スカラベの祈り」の原曲バージョンは多分ここでしか聴けないので、聴き比べてみるのもよいかと。