KOTOKO / 空を飛べたら…

 I've専属(当時)ボーカリスト/シンガーソングライターによる自主制作アルバム(2000年)。

 

 I'veデビュー直後(メジャーデビューの3年以上前)にリリースされた自主制作アルバム。全作詞作曲だけでなくジャケットもKOTOKO本人が担当したということで、何かとハンドメイド。後追いで聴くと、声が若いというのはもちろん、アレンジの手の込んでなさや妙にくぐもった音質に驚き。デモテープかと思うほど。編曲をI'veとは無関係の作家が行ったというのもあるだろうけど、能天気に明るい曲、しっとり聴かせる曲、重たい曲、スウィングする曲などバラバラの方向性で、それに順応するように歌いまわしや声色を試すように色々変えているので、制作した時点ではあくまでボーカルやソングライティングのプロトタイプ的なものと割り切って、バックは最低限の添え物としたのかも。そういう意味ではいかにも低予算かつ青くさい内容ではあるけど、曲の質は決して悪くなく、後のメジャーデビュー作に収録される曲(「疾風雲」「カナリア」「羽」)もみられる点からも、彼女の資質を感じさせる出来。ここでしか聴けない曲も多く「ミルク」や「春色」なんかは個人的にもなかなかお気に入り。