Punky Brüster (Devin Townsend) / Cooked On Phonics

Punky Bruster - Cooked On Phonics [Explicit]

Punky Bruster - Cooked On Phonics [Explicit]

 

 カナダ出身のマルチミュージシャン/プロデューサー・Devin Townsendによる記念すべきソロの第一作目で、Punky Brüster名義でリリース(1996年)。

 

 初のソロ作品ながら企画色が強いというか、 メタルとパンクを独自の視点でパロディ化した代物で、全体がひとつの物語に沿って展開します。その内容は「とある売れないデスメタルバンドが、ライブの最中にギターの弦が切れてしまうというアクシデントに見舞われ、その状態でも演奏できる曲はないかと考え、いざ始めたのがパンク。そしてPunky Brüsterというバンドが新たに誕生し、パンクブームに乗って大ヒットを記録し…」というもの。MCや観客の反応なども含めてライブ感がしっかり描写されているし、途中途中でDevin Townsendの手によるナレーションも入ります。曲タイトルに「Fake Punk」「EZ $$」とかあるけど、アンチパンクというわけではなく、あくまでブームに乗っかって一儲けしてやろうというバンドを皮肉ったジョークなんだとか。そんな時代だったのかな。パンクには全然明るくないので楽曲についてはあまり言及できないけど、そのお遊び感覚や2週間で制作されたという逸話からは考えられないくらいしっかりと聴ける作品。Ministry「N.O.W」のイントロを引用した「Larry's O」にはニヤリとさせられます。