読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Celldweller / Soundtrack For The Voices In My Head Vol. 01

C
Soundtrack for the Voices in My Head 1

Soundtrack for the Voices in My Head 1

 

 US出身のKlaytonによるインダストリアルロックプロジェクトのインストゥルメンタルアルバム。

 

 その存在感を知らしめ、一気にトップに駆け上がった名作中の名作である1stアルバムから数えること約5年。ドロップされた待望の新作はインストアルバムでした。ヘコー!ところが、そうは言っても流石の天才的センスを持つKlayton兄貴なだけあって、その才能を如何なく発揮したインダストリアル/エレクトロニックロックが暴れまくり。一応2ndアルバムを制作する中で生まれたアイデアやデッドストックなんかを元にしているという触れ込みだし、それなら確かに悪くなりようがない。1stほど多岐のジャンルをかいつまんではおらず一つの方向を向いている感じはするけど、大胆な音使いやその延長で実験的な箇所も見受けられるし、オーケストレーションやクワイヤで奥行きや壮大さを仕掛ける場面もチラホラ。1~2分台の曲が多いけどその分切れ味も鋭く、実に想像力を掻き立てられる流れ。また「Ursa Minor」という曲のバージョン違いを定期的に挟むという構成がどこかコンセプチュアルで雰囲気もあります。映画やビデオゲームに流れていてもおかしくないと思ったら、実際にいくつかの曲は使用されているそう。唯一のボーカル曲「Birthright (Beta 1.0)」はこれだけでご飯がイケるくらいの良曲だし、それをBlue Stahliがエレクトロクラッシュ風にリミックスしたトラックも新鮮で良い。ファンアイテムの枠に収まらない佳作。