読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Skinny Puppy / Too Dark Park

Too Dark Park

Too Dark Park

 

 カナダ出身のインダストリアル/EBMユニットの6thアルバム(1990年)。

 

インダストリアルシーンで最高クラスの名声を誇る彼らの中でも、最高クラスの評価を得ているアルバム。少しずつ進化を重ねてきたサウンドが今作で更に飛躍。猛烈に荒れ狂うノイズや絶妙に重なり合いグロテスクな空間を生み出すサンプリングに、弾みのついたリズムトラックや厚みを増したシンセサウンドが一体化し、混沌と破壊が支配する音世界が満遍なく広がっています。エレクトロニックのブッ壊れ具合が凄まじく、ほの暗い洞窟のようなじめっとした不気味さやアングラっぽさを吹き飛ばしています。しかしどこか陰鬱だったり叙情的だったりするパートもちゃんと顔を見せるし、ギターノイズも存在感を誇示。彼らの得た持ち味がバランスよく拾い上げられた総決算的な内容でもあるし、サウンドプロダクションの向上がそのままインダストリアルの凶悪さに磨きをかけている点も素晴らしい。全10曲約38分という小ぶりなボリュームだけど、その分単位時間の充実度も高く物足りなさはなし。今から20年以上前の作品ではあるけど、古今東西見渡してもこれだけの品質を持つ作品は今でもそうそう見当たるものではないです。