読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AP2 / Suspension Of Disbelief

A
Suspension of Disbelief

Suspension of Disbelief

 

 Celldwellerで活躍するKlaytonが手がけたサイドプロジェクトのアルバム。

 

 厳密に言えば、かつてKlaytonを中心にJim ThirlwellやTommy Victorらが参加したArgyle Parkというスーパーバンド的なプロジェクトの第2弾にあたるようで、ユニット名のAP2は恐らくそれを略した意味を持つと思われます。本作ではArgyle Parkにも参加していたBukaやKlaytonの実弟であるLVLというアーティストが全面的に参加。主な方向性はFiXTっぽい(と言っていいものか)スタイリッシュなインダストリアル/エレクトロニックロックで、ドラムンベースなフレーズの出番が多めだけど全体的にはテクノ/エレクトロニカ/アンビエント/メタル等色々と詰め込まれてます。前作にあたるArgyle Park「Misguided」に比べると音質が向上したことで音も太くなったし、ちょいちょい挿入されていた短いインストも今回はないので聴き通しやすいけど、全体的に実験性が高いというか変にこねくり回したようなフレーズや流れが目立ちます。緩急がいきなり過ぎたり途中で別の曲のように様変わりしたり。Klaytonが中心になった楽曲はクオリティも一段階上だけど彼の武器であるヒット性の高いメロディが拝めないので消化不良。もっとポップにまとめるなり、もしくはいっそ実験に振り切るなりすればもう少し素直に聴けたと思うのでそこが非常に惜しいかなと。インダストリアルガバな「Silhoutte Of Rage」やZeromancerの「Clone Your Lover」並に"笑っちゃうけどなんかクセになるメロディ"が印象的な「The Only Man I Know」辺りはなかなかカッコいい。