Ministry / Houses Of The Molé

Houses of the Mole

Houses of the Mole

 

 US出身のAl Jourgensenを中心としたインダストリアルバンドの9thアルバム。

 

 3rd以降、Al Jourgensenの片腕として共にバンドを支えたベーシストPaul Barkerが2004年に脱退。それに伴い、Al Jourgensenのワンマンプロジェクトとしての再出発となった本作ですが、その逆境が結果的にバネになったのか、また後期Ministryには欠かせなかったアンチ・ブッシュのコンセプトを展開し始めた作品ということもあって、全体的にかつてのような高速/破壊的なインダストリアル・スラッシュの作風が蘇り、圧倒的なパワーが漲っています。アルバム中にブッシュ大統領の肉声のサンプリングがよく聴こえるようになったのもここから。また本作にはインダストリアル・スラッシュの頂点に立った5thアルバム「Psalm 69」を彷彿とさせる場面が随所にみられ、過去の曲を意識して作られたであろう曲やフレーズも登場したり、隠しトラックに「Psalm 23」という曲が収録されていたり、隠しトラックを含めた全トラック数が69だったりします。他にも曲名の仕掛けにも遊びが盛り込まれていたりして、何かと注目点も多い。ただ、賛否両論を起こした意欲作の6thや7thのエッセンスは還元されていないし(強いて言えば終盤の曲に若干)、目新しさもそうないので、Ministry的にはリハビリのような作品かも。でも屈強になったリズムトラックや、それに伴う全体の勢いは凄まじいものがあります。