読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Godflesh / Songs Of Love And Hate

Songs of Love & Hate

Songs of Love & Hate

 

 UK出身のインダストリアルメタル/ポストメタルバンドの4thアルバム(1996年)。

 

 以前に彼らの2ndから3rdの時期を「自己の頂点を極めていた頃」と形容したけれど、別に他の時期が劣っていたわけではないとも思っています。1stの時点で既に孤高の存在感を示しており、解散までその高みに君臨し続けたのは間違いないのだけど、この4thではデビュー以来一貫してドラムマシンで表現していたリズムトラックに初めて生ドラムを導入した作品でもあり、意欲作という位置づけが相応しそう。うねる反復ギターとジャンクなベースを乗せた人力ドラムによるバンドサウンドは、いつになくラフに鳴らされ全体的にも勢いづいています。スラッジコアと呼ばれる音楽に近いかも。ただ、リズムマシンの跳ねるような独特の刻み方を前面に押し出していた頃とは違い全体のグルーヴで一本化されているので、単調さを感じやすくなったっていうのはあるかも。しかし他の作品との相対的な見方をすれば興味深い一作だと思います。中でもラスト2曲──後のJesuを思わせるスケール/叙情性のある「Frail」やダブの色の濃い「Almost Heaven」は、今後を占った曲にもなったのでは。