Sybreed / Slave Design

Slave Design

Slave Design

 

 スイス出身のメロディックデスメタル/インダストリアルメタルバンドの1stアルバム。

 

 インダストリアルメタルの新鋭として近年活躍しているバンド。正確に連打されるマシンガンドラムや、それとギターリフとのユニゾンを響かせながらガシガシと攻めてくる機械/無機質さを持ちながら、そこにスケール感を醸し出すシンセや、サイバーな質感をプラスするプログラミング/エレクトロニックがクロスして、全体的にスペーシーな雰囲気が漂う近未来SFへヴィロックといった感じに仕上がっています。Fear Factoryのマシーナリーで暴力的な部分や、Spineshankのデジタル&ラウドな部分を受け継いで、更にプログレッシブメタル的な展開の豊富さで色づけして再放出したような感じ。ボーカルも、吼えるパートと渋めで耽美なメロディラインを歌うパートの行き来も激しく、ちょっとしたブレイクにドラムンベースをたまに入れたりもするし、なかなか凝ってます。1stアルバムにして自分たちの標榜する音楽性をはっきり自覚し、そこに向かって真っ直ぐ進んだような潔さがありますね。その分完成度もオリジナリティを除くと新人離れしていると思います。個人的には宇宙基地のBGM。好きです。