読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2011年良かったCD

f:id:xnoybis:20160620144729j:plain

今年もぼちぼち終わり。というわけで、2011年新譜のお気に入り10選です。

 

Ultrawired: Pirate Ketaware for the Tlc Generation

Ultrawired: Pirate Ketaware for the Tlc Generation

 

イタリアのゴシック/エレクトロロックバンドの4th。今回はジャケット通り(?)ゲームミュージックっぽいテイストを 取り入れ独特のサウンドを展開。曲ごとの個性も明確になったしイケイケのノリも相変わらずで良し。

 

Electro Punks Unite

Electro Punks Unite

 

USのLeæther StripのClaus Larsenによるサイドプロジェクトの、改名し10年ぶりに再始動してからの2nd。今作はダークエレクトロとインダストリアルメタルの配合が高いレベルで進み攻撃性を高めてうまくまとまっています。

 

The War Inside Me

The War Inside Me

 

USのGary Zonによるエレクトロインダストリアル系プロジェクトの5th。ちょっとダークに寄りすぎて地味になっちゃった前作と比べるとだいぶ勢いが戻ってるし、激情と哀愁とインダストリアルのバランスが更に尖っちゃってる。もう誰も追いつけないところにいっちゃったかも。

 

Perstechnique

Perstechnique

 

フィンランドのインダストリアルメタルバンドの4th。前作が大傑作だったからハードルが上がっちゃったけど無問題。アーミー系の破天荒な勢いはそのままに今回はダンス/トランスの要素がパワーアップ。手がつけられない変態へ進化!

 

Anomie

Anomie

 

スウェーデンのTim Skoldによるソロ作品としてはなんと15年ぶりの2nd。KMFDMとのスプリット作をステップに再び表舞台に。エレクトロからアコースティック、はたまた直球のインダストリアルメタルまで幅広く、そのどれもが彼独自の"哀愁感"で満たされています。

 

Blue Stahli

Blue Stahli

 

USのBret Autreyによるソロプロジェクトの1st。満を持してリリースされたFixtテイスト全開のエレクトロロックの決定版。Celldwellerの正しい後継者。

 

艶℃(初回限定盤)(DVD付)

艶℃(初回限定盤)(DVD付)

 

cali≠gariGOATBED等で活躍する石井秀仁による新ユニットのアルバム。ハードでノイジーでポップな新機軸デカダン・エレクトロ・ニューウェイブ

 

E.P.S -Eiko PRIMARY SELECTION

E.P.S -Eiko PRIMARY SELECTION

 

I'veの専属歌手・えい子先生のI've卒業&音楽活動再開を記念して制作されたベスト。代表曲・新曲・アルバム未収録曲などをほぼ完璧な構成でパッケージしたオリジナルとしても聴けそうな強力な一枚。

 

Puppet

Puppet

 

USのStabbing Westwardの元ボーカリストChristopher Hallを中心とした新バンドの2nd。彼らの特徴的なメロディや勢いとモダンなエレクトロ要素を合体させて他にない仕上がりに。

 

Wintermute

Wintermute

 

スウェーデンのダークエレクトロ/インダストリアル系ユニットの3rd。Skinny Puppyのハイクオリティ・フォロワーから一転、クールなシンセポップに。最初は驚いたけど楽曲は桁違いに素晴らしいし、何と言っても管理人は"冬"をイメージしたアルバムに何故か弱い。

 

今年はシンセロック/エレクトロロックなどに分類される作品がすごく良いなーと思いました。LUNA SEAの復活&傑作セルフカバーも個人的にとても嬉しかった。来年は往年のインダストリアルメタルバンドたちの復活作のリリースが多く予定されておりとても楽しみです。

 

今年も相変わらずゲームばかりしていた管理人ですが、最近は購入したニンテンドー3DSで最新ソフトとバーチャルコンソールで新旧の携帯ゲームを楽しんでいます。それからようやくiPhone 4Sスマホデビューを果たし、その便利さと電池の持ちの悪さと2つの意味で感動しております。

 

今年はもお世話になりました。それではよいお年を。

広告を非表示にする