読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Die Krupps / Entering The Arena

D
Entering the Arena Entering the Arena
()
Krupps

商品詳細を見る

ドイツ出身の大御所インダストリアル系バンドの2nd(3rd?)アルバム(1985年)。

 

脱力必至のへなへなニューウェイブだった前作から幾分パワーアップし、やや実験的な歌ものエレポップへ変貌を遂げています。シンセやリズムトラックなどの厚みやバリエーションが増していて、ボーカルも迷いのない力強い歌唱を披露。ほんのちょっとソウルやファンクのテイストを感じさせたりもするかな?とはいえ小奇麗になったわけではなく、飛び散る汗を想起させるような暑苦しさ、ホモ男臭さなんかが濃くなっているし、悪酔いしそうな毒々しい煌びやかさが漂う雰囲気もあって、変態度はそのままキープされているのは嬉しいところ。その印象は良くも悪くも強いけど、耳を引く力はあります。特に初っ端の#1「Risk」のインパクトは強烈。というか、この曲のSoul VersionやらOperatic IntroやらMetallic Outroやらも同時に収録されているところをみると、やはりこの頃の彼らの核となる一曲なのでしょう。彼らの代名詞とも言えるメタルパーカッションの存在感はやや薄いけど、代わりにしなる鞭をバチン!と打ちつけるような打撃音がいいアクセント。後の音楽性とはかけ離れているけど、面白いアルバムだと思います。