BUCK-TICK / 97BT99

97 BT 99

97 BT 99

 

 アルバム「SEXY STREAM LINER」(以下「SSL」)とその前後のシングルをまとめた2枚組の編集盤。

 

 彼らがMercury Recordsに在籍した1997~1999年にリリースされた音源の収録楽曲を時系列に沿ってそのまま並べたもので、メンバーは制作に関与していない模様。内訳はDisc-1がシングル「ヒロイン」と「SSL」の収録曲を並べたもの、Disc-2がその後にリリースされた4枚のシングル収録曲を並べたもの。それらのシングルはオリジナルアルバムには未収録となっているのでお得で、しかもそこにはRaymond Watts(PIG)、Günter Schulz(KMFDM)、布袋寅泰、横山和俊らといった豪華な面々が参加し、それぞれの方向性で個性的かつマニアックなインダストリアル/ダブ/ハードコアテクノなどに走ったリミックス楽曲などがひしめいているし、オリジナル曲も「月世界」「My baby Japanese」「ASYLUM GARDEN」といった彼らのディープな部分を凝縮したような楽曲が多く、コアなリスナーやインダストリアル系のサウンドが好きなファンにはたまらない仕上がり。反対に1999年作は新たなポップサウンドへ出発しており、中でも「ミウ」は必聴のバラードの名曲。またそれらの楽曲は何の意図もなく放り込まれているのに、不思議とそれ自体で1つの作品のように通して楽しめてしまうのも面白く、Disc-2に関しては特に前衛的だったSSL期の延長と締めくくりを兼ねるかのような非常に興味深い一枚になっています。彼らは多数の編集盤がリリースされているけど、本作はテクノ/エレクトロ方面へのマニアックさが凝縮され、完成度も非常に高く、かなりのお勧めの作品です。

 

広告を非表示にする