Deathstars / Synthetic Generation

Synthetic Generation

Synthetic Generation

 

スウェーデン出身のゴシックメタル/インダストリアルメタルバンドの1stアルバム。

 

 野太い低音ボーカル、単調だけど躍動感のあるヘヴィなギターリフ、軍隊の行進を思わせるハンマービート、そしてその裏で鳴らされるキラキラのシンセ。どう聴いてもRammsteinです。本当にありがとうございました。…ってそれだけで終わるのも何ですけど。まぁ似てますよ。前情報なしに「Rammsteinの新作」って言われたら信じてしまいそう。どうやら彼らは元々はSwordmasterというブラックメタルバンドをやっていて、音楽性を変えて再編成して始まったそうで、恐らくRammsteinに影響を受けたフォロワータイプなんじゃないかと思います。雰囲気はバッチリ再現できているけど、やはり楽曲にオリジナリティが乏しい上に練り込み不足なのはどうにもならず、アルバムが金太郎飴状態。でもノリの良い曲ばかりなので頭空っぽにして聴く分には悪くないし、この頃作風が落ち着き気味だったRammsteinへの物足りなさを少しは払拭する材料にもなれるかと思います。まぁそれでも同時に楽曲の作りはやはりRammsteinが二歩は上だなと気づかされるんですけど。