読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dessau / Exercise In Tension

D

 

US出身のインダストリアル系ユニットの1stアルバム(1989年)。

 

インダストリアル・ロックとEBMの間を行き来するユニットは少なくないけど、彼らの場合はその中でも80年代のパンク/ニューウェイヴにエレクトロニックを導入したようなタイプ。キュッと引き締まったストイックなサウンドはポスト・パンクに由来し、ハッキリとバンドサウンドでグルーヴ感もなかなか。そこに重なるボディビート/ハンマービートはEBMのそれで、ちょっと過ぎるくらいダンサブルで、かつ汗臭い。Killing JokeNitzer Ebbを足して薄めた感じ──なんて言ってしまうと身も蓋もないのだけど、特にKilling JokeJoy Divisionといった方向からの影響は、「Isolation」をカヴァーしていることや、幾つかの楽曲にMinistryのAl Jourgensenが関わっていることからみても間違いなさそう。音質の悪さがポテンシャルを活かしきれてない感はあるけど、好きな人にはたまらない音でしょう!