読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DAF / Für Immer

Fur Immer (Reis)

Fur Immer (Reis)

 

 ドイツ出身の伝説的なポストパンク/ジャーマンニューウェイブユニットの5thアルバム(1982年)。

 

 同時に、黄金期ともされる第一期DAFの最終作。その黄金期を支えた3rd~5thは三部作のように語られることも多いのですが、それも納得。その3作は細かい違いはあれど基本的には同じ構造で、Gabi Delgado-Lópezの官能ボイス、肉感的なシンセベース、人力ドラムのドタバタハンマービートの合わせ技によるプリミティブなエレクトロパンクという黄金パターンを貫いており、それは本作においてもほぼ同様。強いて言うならボーカルが喘ぎ声や囁き声だけじゃなくメロディを追って歌う場面があったり、また全体的にスッキリと明るくなったムードもあって、ポップで聴きやすい側面がより出てきた印象があります。反面、露骨なホモくさいエロス臭も減退しているけど、完成度という点では彼らのピークという意見もよく見受けられます。個人的にはインパクトという点で3rd「Alles Ist Gut」に譲るけど、内容はかなり気に入っています。

 

www.youtube.com

広告を非表示にする