Ministry / Greatest Fits

Greatest Fits

Greatest Fits

 

 US出身のAl Jourgensenを中心としたインダストリアルバンドのベスト盤。

 

 内容は3rd以降、いわゆるインダストリアルメタル化してからのアルバムから、代表的な曲が少しずつ均等に選出され時系列に並べられるという、ベストアルバムとしてはとてもオーソドックスなもの。ただ名曲「Burning Inside」が入らなかったのは大きなマイナスだし、その割に全13曲という中途半端なボリュームに収めているのは謎だけど、その点を除けば、ひとまず1枚でMinistryの(メタル化以降の)変遷を足早に振り返るにはまずまず。一応それだけに終わらず、映画「A.I.」に提供された新曲の「What About Us?」や、10分超のライヴ音源「So What」、Black Sabbathのカバー「Supernaut」などここでしか聴けないトラックもあり、どれも素晴らしい出来栄え。なので入門用としてだけでなく、ファンにとっても手に取る意義のある作品と言えます。しかしMinistryのコアな部分の魅力を味わうには、やはり3rd~5thあたりのオリジナルアルバムを聴く方がいいかなと。