KMFDM / Attak

Attak

Attak

 

 ドイツ出身のインダストリアルバンドの、1999年の解散を経て2002年に復活しての1作目。通算では12th。

 

 解散後に結成したMDFMKでの活動はアルバム1枚で終了したものの、本作ではMDFMKで見せたサウンドを基点にした、メタルギターや軽快なリズムトラックを効かせたインダストリアルロックを展開。解散直前のKMFDMに参加していたTim Sköld節の効いた哀愁のボーカルだけでなく、久々に参加したPIGのRaymond Wattsも手腕を振るい、あの低く潰れたボーカルを披露。この辺りの人選は本当に良い仕事をしています。一方で、解散後に袂を分かったEn EschやGünter Schulzは当然ながら関わっておらず、その影響かはともかくとして、90年代のKMFDMにあったソウルフルなノリや特徴的なギターはそのまま消失ぎみ。それ自体は別に悪くないことだし、インダストリアルダンスというバンドの根幹の部分は失われていないけど、新しいKMFDM像を作るというのは、MDFMKという助走があっても大変なことなんだろうな、と思ってしまいます。まぁでも楽曲の粒は揃ってますよ。個人的にはLucia Cifarelliの可愛らしい声がいい味を出している「Urban Monkey Warfare」は結構好きだし、ハイスピードな曲調から一転、スロウに落ちた間奏で哀愁の必殺コードが炸裂する「Sturm & Drang」も一押し。Sascha KonietzkoとTim Sköldのツインボーカルが拝める「Risen」も注目。