The Dreaming / Etched In Blood

Etched in Blood

Etched in Blood

 

 Stabbing Westward(以下SW)の元ボーカリストChristopher Hallを中心とした新バンドの1stアルバム。

 

 SWが2002年に解散してそれほど間を置かず活動を開始したにも関わらず、なかなか正式なアルバムのリリースがされないまま年月が経過し、2008年にようやくお目見えとなりました。そんな本作ですが、インダストリアル要素はSWの最終作同様に皆無で、シンセロックの類でもなく、装飾のないストレートなバンドサウンド。Christopher Hallのエモーショナルなボーカルと、感傷/衝動を具現化したようなリスナーにガツンと訴える独特のメロディセンスは健在。大きく違うのは、ギターを前面に出したサウンドにシフトしており、多くの曲がアッパーなスピードチューンだということ。しかもそのほとんどが2~3分台ということもあって、勢い良く駆け抜けてサクっと終わる構成になっています。新人としての仕切り直しに相応しいといえばそうだけど、彼らのセールスポイントが一点集中された潔さもまた作品の方向性や明快さにプラスに働いていると思います。やや単調気味ではあるけど、トータルタイムが短いので許容範囲。打ち込みやエレクトロニック系のサウンドを期待するバンドではないけれど、SWが好きだった管理人としてはなかなかお気に入りになりました。