The Birthday Massacre / Looking Glass

Looking Glass

Looking Glass

 

 US出身のゴシック/シンセロックバンドのミニアルバム。

 

 内容は3rdアルバム「Walking With Strangers」からカットされたタイトル曲を筆頭に、リミックス3曲・インストを含む新曲2曲・カヴァー曲が合わさった全8曲。もともと水準の高いバンドなだけに既存の曲や新曲も安定感があるけれど、ハイライトはむしろリミックスにあり、定型的なダンスチューンや過度な実験に走ることなく原曲の良さを別の手法で引き出しています。特にメタルに寄った攻撃的な曲「Red Stars」は、冷徹なエレクトロインダストリアルと幻想的なシンセ/アンビエントという両極端な世界を行き来するように構成され、さすがにバンドっぽさはキレイさっぱりなくなったもののそれに代わる新たな魅力を獲得。元々彼らは色々なジャンルの影響をごった煮にし独自の音を出している反面その統一感も強烈だったので、そこから外れたアレンジで聴けるのも貴重だし、もちろんコンパクトながら内容もしっかり充実していて更なるステップも期待できそうな作品です。

 

 

そんな彼らですが、来月に約3年ぶりとなる新作を発売予定!要チェック。