Filter / Anthems For The Damned

Anthems for the Dammned

Anthems for the Dammned

 

 US出身のオルタナティブロック/インダストリアルロックバンドの4thアルバム。

 

 実に6年振りのリリースとなった本作。その長い空白期間にフロントマンのRichard Patrickが別に結成したArmy Of Anyoneというバンドは聴いたことがないので、前作との比較になっちゃいますが…うん、ほとんど変わってない。ヘヴィすぎない、コマーシャルすぎない、そんなバランスのオルタナティブロック。Richard Patrickのボーカルも相変わらずエモーショナルで上手い。ちょっと長めのアンビエント風インストで終わる構成も同じ。今作には戦争というテーマがあるらしく、リードトラックはイラク戦争で戦死したバンドのファンに触発されて制作したらしい。そのせいか一部では「heavy U2 record」とも称されているとかいないとか。そうは言ってもサウンド面ではいつものFilter節で、強いて言うならヘヴィロック色が少し後退してるくらいの変化しか感じず目新しさに欠ける。しかも今作は前作に比べ起伏にも欠ける気もする。でも開放感に溢れる大陸的なメロディは相変わらず心に染み渡ります。