DEF.MASTER / THE FEAR OF GOD

 Rosen Kreuzの元ベーシストYU-MIを中心に結成したインダストリアルロックバンドの初期音源7インチEP(1993年)。

 

 単独の音源としては恐らく初となるもの。ジャケットがFoetusっぽいですね。1曲目「THE FEAR OF GOD」は初期Foetusにも通じるような耳を劈くノイズと、Ministryにも比肩し得るノイジー&マシーナリーなギターリフが混ざり合って暴走していくハードコアなインダストリアルチューン。続く「BESET」は、更に無機質に抽出されたノイズの渦をバックにオケヒットのようなシンセが何度もリフレインされる曲。いずれもとにかく叩きつけるようなノイズが強烈でボーカルも言葉を聴き取れないくらい歪められており、DEF.MASTER以前にYU-MIが在籍したRosen Kreuzとは比べ物にならないほど攻撃的。しかし一方でスタンダードに聴かせる説得力も兼ね備えており、そのバランスには惚れ惚れしてしまいます。下手なMinistryフォロワーのバンドが束になっても敵わないでしょう。これぞ日本が誇るインダストリアルメタル!