BLAM HONEY / GRANDIOSE DELUSION

Grandiose Delusion

Grandiose Delusion

 

 ヴィジュアル系インダストリアルユニットのミニアルバム。

 

 「インダストリアル・ジェンダー・ユニット」を自称するユニット。現在はボーカリストTatsuyaの逝去により活動を休止しているようです。この年代のヴィジュアル系というフィールドでは珍しく(?)完全にインダストリアルを前提としたアプローチ。それも、アメリカ型インダストリアルロックやニューウェイブ歌謡などとも全く異なる、ゴシック色の強いダークエレクトロ。TOKYO DARK CASTLEタイプかな?強烈な打ち込みやノイズギター、ノイズ/サンプリングを駆使した攻撃的なサウンドは、商業的に売る気があったとは思えないマニアックっぷり。DOOMの藤田高志がプロデュースしているらしく、さすがにその完成度は折り紙つきなんですが、ボーカルがいかにもB級ヴィジュアル系といったような脆弱さと自己陶酔感があり、それほど上手でないこともあり完全にサウンドに負けています。そのチグハグっぷりに違和感を感じてしまうのであまりリピート欲が湧きません。

 

www.youtube.com