The Birthday Massacre / Walking With Strangers

Walking With Strangers

Walking With Strangers

 

 US出身のゴシックロック/エレクトロニックロックバンドの3rdアルバム。

 

 初期から徹底されたアートワークから伺える通り、再生した瞬間に広がるのは相変わらずの不思議ちゃんシンセロックワールド。今回はアップテンポで弾けるガーリィな曲がいくつかあったり、かと思ったら思いっきり攻撃的なメタルリフがいきなり冒頭で炸裂する「Red Stars」なんかもあったりと、どちらかというとフワフワとした雰囲気だった前作に比べたら活発なエネルギーが注入されてるような印象があります。もちろん前作のイメージを正しく引き継いだような曲もあれば、ラストのストレートなバラード「Movie」もあって、静的な側面もちゃんとあるし統一感もバッチリ。Chibiのボーカルも若干向上したような気もするし、相変わらず可憐な声からフェティッシュな声までの使い分けがGOOD。個性をうまく保ったまま楽曲のレンジを少しずつ広げ、更に親しみやすさや入りやすさを獲得した間口の広い作品になったと思います。