Fear Factory / Archetype

Archetype

Archetype

 

 US出身のインダストリアルメタルバンドの5thアルバム(2004年)。

 

 予定調和の解散→再結成を経てリリースされた作品で、ここでギタリストのDino Cazaresが一度バンドを離れ、メンバーのパート転向を経て新ベーシストに元Strapping Young LadのByron Stroudが加入。新たな布陣での仕切り直しとなった最初の作品で、商売っ気があった(らしい)Dino Cazaresが抜けSYLのメンバーが加わったことで、以前の破壊的な音が戻るのか?タイトルも「Arychetye(原型)」だし…と思いきや、特にそんなこともなく。正確に連打されるドラムや刻まれるリフといった彼ららしさは一応残っているものの、サビで飛び出すほわわ~んとしたメロディがより表に出てきた印象すらあって楽曲の疾走感と緊迫感を削ぐし、しかも一定のフレーズが何度も繰り返されるので、相性が合わないと忍耐を迫られます。個人的には正直キツイ。デジタル要素もほとんどなくなった分面白みも更に抜けちゃって、前作のがまだ良かったかも。でもタイトルトラックは割と好きです。

 

広告を非表示にする