ルルティア / プロミスト・ランド

プロミスト・ランド

プロミスト・ランド

 

 謎多きシンガーソングライターの3rdアルバム。

 

 アニメタイアップソング「トロイメライ」にてファン層を広げたこともあってか、初めて彼女の音楽に触れる人にも気を配ったかのように、敷居を低くしたような変化がやや感じられます。以前までのどこか近寄りがたいような崇高さ、わずかに差し込んだ狂気は更に薄れ、前述した「トロイメライ」同様にメロディが親しみやすい楽曲のイメージが強い。彼女らしい透明感や美しいサウンドといった生命線は保っているけど、初期から聴いている身としてはやはりこの変化は少々物足りなさも感じなくもないけど、彼女の音楽がそういうポテンシャルを持っていたという証明でもあるのかなとも。シンフォニックとヘヴィなサウンドを取り入れた「ハレルヤ」、大胆な4つ打ちのオーケストララルゴシックテクノ(?)の「月千一夜」といった新境地はとても良かったと思います。前々作と前作が傑作だったために少し物足りない気もするけど、単独でみれば十分良い作品じゃないかなと。