Killing Joke / What's THIS For…!

What's THIS For...! What's THIS For...!
(2005/05/30)
Killing Joke

商品詳細を見る

UKのポストパンクバンド・Killing Jokeの2ndアルバム(1981年)。

 

前作より約1年後というスピードでリリースされているだけあって、基本的には前作の延長上といったところ。手数の増えた、荒っぽくて力強いドラムによって生み出される野性的?なグルーヴが新たな息吹を与え、よりダンサブルに、より逞しいサウンドへ進化。うねるベースライン、ノイジーなギター、エレクトロニックやシンセのスパイス、冷たく突き放すようなボーカルなどの魅力も相変わらずで、総体としていささかダークな空気や緊張感がより表に出るようになっているように感じます。当たり前のように、古典/資料的な価値を超えて、今聴いても抜群に聴き応えのあるアルバムです。個人的には、前作よりも好みにフィット。インダストリアル/EBMの先祖的な系譜としても要チェックです。ちなみに、こういったエスニックなビートは、当時のシーンのトレンドだったようで、彼らと並ぶPIL、Gang Of Fourなどの大御所のグループも積極的に取り入れていたそう。