Bile / Teknowhore

Teknowhore

Teknowhore

 

 US出身のインダストリアルメタルバンドの2ndアルバム。

 

 相変わらずのグシャグシャに歪められたインダストリアル/グラインドコア。前作ではやや過剰気味だったノイズが本作では若干抑えられている感があるとはいえ、まだまだ血沸き肉踊るような暴力性は健在。中でも咆哮と激しい演奏のユニゾン→休止を繰り返しながらテンポアップさせていくというユニークな展開が面白い「No One I Call Friend」、高速チューン「Interstate Hate Song」、Marilyn Mansonを意識したであろう「Green Day」など新たなタイプの楽曲が目立ち、前作から格段に増えた全16曲という長丁場のボリュームを繋いでいきます。他の名のあるインダストリアルメタルバンドに比べても、サウンドの激しさや重さは全くひけをとらない上で、彼らならではの強弱や緩急が極端な表現をうまく形にしているので、なかなか面白い存在感を放っていると思います。