読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Atari Teenage Riot / 60 Second Wipe Out

A
60 Second Wipe Out

60 Second Wipe Out

 

 ドイツ出身のデジタルハードコアユニットの3rdアルバム(1999年)。

 

 やはりいつものようにHanin Eliasの絶叫からスタートします。基本的な路線はこれまでと同様なんだけど、今作ではノイズコントローラのNic Endoが参加し新しいアイデアを吹き込んでいるようで、これまでのビリビリガリガリとしたノイズだけではなく、アンビエント的だったり環境音ぽかったり嵐のような音だったりと、更に幅広いノイズ音が満遍なく加味。ノイズ好きにとっては幅が広がった…のかな?よくわからない。ただ彼らの作品の中ではサウンド面では最も凶暴と言えるかも。そして後半部の曲はDino CazaresやThe Arsonists、Kathleen Hannaなど外部のミュージシャンとコラボした楽曲が並ぶけど、それほど印象は変わらず。ATRの強烈なスタイルと個性はちょっとやそっとじゃ揺らがないんでしょうな。音はカッコいいんだけどやっぱりあんまり繰り返し聴きたいとは思わないかなぁ…。