読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cali≠gari / 再教育

C 邦楽

saikyouikuhidari.jpg

 桜井青が作曲した楽曲を第7期のメンバーで再録音した編集盤2枚のうちの1枚。学校にあるような帳簿を模したジャケットに始まり、細かい部分まで「教育」というコンセプトに則った作りになっています。この独創性の徹底ぶりはヴィジュアル系の強みですね。この作品は、文字通りアクの強い#2「発狂チャンネル」といった曲もあるにせよ、もう1枚のベストである(右)と比べると楽曲が押し並べてメロディ重視の傾向があり、#4「冷たい雨」#9「グッド・バイ」を筆頭に明朗な歌いっぷり。どこか懐かしさと切なさを孕んだレトロ風味、そしてその裏にひっそりと見え隠れする狂気、そして相変わらずのガチャガチャと賑やかながら計算され尽くしたかのような技巧的なサウンド、それらが見事に合致した傑作盤であります。

 

 

saikyouikumigi.jpg

 「再教育(左)」と対になった編集盤。恐らくコンセプトは(左)と同様だけど、こちらには比較的王道を外した楽曲の存在感が強く、cali≠gariというバンドの持つブッ飛んだセンスを余すことなく味わえる作品となっています。収録曲のタイトルを見渡しても、どこか病んでそうなものばかりだし。これだけ奇を衒ったような楽曲を、ただのおふざけに終わらせることなくしっかりと聴かせるっていうのは相当な実力があってのことだろうし、石井秀仁のボーカルも変態的な歌いまわしもお手のもの。僕は過去作については未聴なので比較はできないんですが、#2「37564。」を初めて聴いたときの衝撃は相当なものでした。レトロ・ジャズやタンゴなどの懐古趣味も織り交ぜられていて、幅の広さも見せ付けてくれます。

 

広告を非表示にする