幻覚アレルギー / MOUTH TO MOUTH

MOUTH TO MOUTH

MOUTH TO MOUTH

 

 かまいたちの元メンバーSCEANA、梶井“KAZZY”沙介の2人を中心に結成されたヴィジュアル系パンクバンドのミニアルバム。

 

 かまいたちの頃の音楽性が割とそのまま継承され、基本線は同様にパンクロックなんですが、キテレツなポップ感覚やビートロック色は若干残したまま、より実直でスリリングな方向へシフトしています。低音が増強され、より骨太になったバンドサウンドが一際印象的。時代ゆえの音質の悪さをものともしません。同時にSCEANAのボーカルも叫びにも似た無頼と怒号の直球勝負。彼ららしい歌詞の表現も的をより定めた独自の主題/表現で、アウトローなライフスタイルを宣言する曲から尻軽女を糾弾する(笑)曲まで、辛辣あふれる歌いっぷり。単純にアブノーマルな単語を連ねる「SPEEDアレルギー」「チョコレート中毒」もバンドを代表する名曲。挨拶代わりにしては強烈な一枚です。