Spineshank / Self Destructive Pattern

Self-Destructive Pattern

Self-Destructive Pattern

 

 US出身のインダストリアルロックバンドの3rdアルバム。

 

 彼ららしさを貫いた、重厚なグルーヴで迫ってくるヘヴィロック。デジタルな要素は若干残っているものの、今回はインダストリアル色やサイバーな質感を削ぎ落とし真っ向勝負をかけてきました。高いテンションを保ちシャウトを武器にアッパーに突き抜ける楽曲、クールなメロディを武器にドラマ性を演出する楽曲、またそれらのパートの応酬と融合。とにかく1つ1つの楽曲の充実度が半端じゃないレベル。そしてそれらの楽曲は約3分半とコンパクトで、曲間も短いので休む暇もなく次から次へとなだれ込んできます。「カッコいい曲が集まったら、それだけでカッコいいアルバムが出来上がる」を実践したような、単純だけどある意味ではロックアルバムとして理想的な構成じゃないかと。身軽でヘヴィでポップでとても気持ちいい。本作を最後にSpineshankは事実上解散してしまったけど、最高の置き土産になりました。感謝感激。