Scorn / Vae Solis

Vae Solis

Vae Solis

 

 UK出身のMick Harrisによるダブ/ダークアンビエントプロジェクトの1stアルバム。

 

 当時は、元Napalm DeathのメンバーでもあるMick HarrisNic Bullenの2人によって結成されたサイドプロジェクト的な立ち位置のグループで、この後にMick Harrisのソロプロジェクトになっていくのだけど、本作ではバンド体制で制作されており(GodfleshのJustin K. Broadrickも関わっている)、Scornとしては異質な存在でもあるようです。内容はスラッジ/ドゥームなインダストリアルロック。メロディを放棄したボーカルに、殺気充分のギター、肉厚で硬いベース、鉄板を叩くようなドラム、フィードバックノイズ。非常に荒廃的で無機質で、なるほどEarache Records的。Napalm Death「Scum」のA面の制作に関わった主メンバーが制作という事実からは考えにくいけど、その分と興味深くもあり。それなりに速い曲もあるけど、多くはスローテンポだし、後半はディープなダブに接近。CD化に際して追加されたボーナストラックまで含めると全13曲75分という大ボリュームで、聴き通すのも一苦労。しかしアンダーグラウンドなインダストリアルメタルとして、実に存在感を放つのも事実。