KMFDM / Adios

Adios

Adios

 

 ドイツ出身の大御所インダストリアルバンドの10thアルバム。

 

 タイトル通りこの作品で一度解散を迎えるので、初期からの重要メンバーでもあるEn Esch、Günter Schulzらを含むオリジナルメンバーでの最終作ということになります。作風としては前作の延長上にあり、全編を通して完全にテクノ/レイヴに染まっています。完全クラブ向けKMFDMといった趣。でも前作からこういった方向に進んでいたし、それを更に推し進めて強化されたアレンジは、決して付け焼刃ではなく、安心して聴ける完成度があります。大胆なオーケストレーションと進行する「D.I.Y.」なんかはまさに彼らにしか出来ない名曲。更に、前作では1曲のみ参加だったTim Skoldがほぼ全曲に参加。そのせいか全体の統一感も向上し、ダークでメランコリックなボーカル/メロディも冴え渡っています。「Today」とかたまらないものがありますね。意欲作ながら単純に一作品としてとらえても魅力的で、素晴らしいアルバム。