KMFDM Vs. PIG / Sin Sex & Salvation

Sin Sex & Salvation

Sin Sex & Salvation

 

 ドイツ出身のインダストリアルバンド KMFDMと、UK出身のRaymond WattsによるPIGのスプリット盤。

 

 Raymond Wattsは元々KMFDMの初期メンバーでもあったので、タッグを組むのは実は今回で約5年ぶり。今作をリリースした後はRaymond WattsもKMFDMのアルバムに再び参加したりするようになったので、そのきっかけを作った作品と言えるのかも。リードトラック「Secret Skin」は、Raymond Wattsの低音ボーカルとSacha Konietzkoの高音ボーカル、スケールの大きいギターリフと揺らめくように一定の音を刻むベース、といったように、ボーカルとサウンドの両面でそれぞれのコントラストを上手く演出した曲。オケヒットの展開部もスリリング。インダストリアルハードロックの一級品!EBMライクな「Fuck Me」もシンセベースをブリブリいわせたスピード感がいいし、「Rape Robbery & Violence」もファンクっぽいグルーヴ感がクール。KMFDM寄りなサウンドだけど、「Angst」に負けず劣らず格段にロックしてます。この作品をリリースした後、KMFDMは「Nihil」、PIGは「Sinsation」と傑作をリリースしたので、それぞれの創作の刺激にもなったんだと思うと喜ばしいです。

 

www.youtube.com