読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Chemlab / Burn Out At Hydrogen Bar

Burn Out at the Hydrogen Bar

Burn Out at the Hydrogen Bar

 

 US出身のインダストリアルロック/EBMユニットの1stアルバム。

 

 何やらグロテスクなジャケットが目に入り、ところどころで挿入される「Suture」(縫合)というタイトルのインストがやたらハードなノイズスクラッチで、ヘッドホンで聴いてたらビックリしたりもするんですが、全体的にはそんな物々しさはどこ吹く風のポップでストレートなインダストリアルロックです。ピコピコ電脳世界な打ち込みと、ジャラーンと単調に挿入されるギターのキャッチボールは無難な組み合わせだし、大してキャッチーでもないメロディで同じフレーズを連呼する能天気なボーカルもあんまりグッと響いてこない。何だかNine Inch Nailsの1作目を薄く伸ばしたようなB級具合。でもその肩肘張ってないユルさが逆にたまに恋しくもなったりします。彼らは一部で「アメリカ型インダストリアルの典型グループ」という評価をされているそうで、何となく納得。ただこれ褒めてるんだか貶してるんだかよく分かりません。

 

www.youtube.com