BUCK-TICK / darker than darkness -style 93-

 5人組大御所ロックバンドの7thアルバム(1993年)。

 

 前オリジナル作品「狂った太陽」から数えると約2年半振りとなった作品で、こちらを最高傑作と評するコアファンも多いです。「殺シノ調ベ」で一区切りをつけたのか、バラエティ豊かに彩られた音色と距離を置き、"暗闇の向こう"というタイトルを体現するドッシリと重たく薄汚れたようなサウンドに統一。その上で、ダブ/レゲエの「キラメキの中で…」のもったりとしたオープニングが挑戦的でまず驚くし、その後もジャズのスウィングするグルーヴや、メタル/ヘヴィロックに通ずる轟音など、幅広いジャンルを血肉化して新たな一歩を踏み出していることも伺えます。そしてラストの「die」ではアコースティックギターとフィードバックギターの対比が死へ向かう"恐怖"と"悲哀"だけでなく、諦めにも似た"歓喜"が入り混じって混沌とした感情を見事に描き切り、最後にノイズが荒れ狂うことによる"昇天"の表現にも度肝を抜かされ、93トラック目に隠された「D・T・D」で"転生"に帰結するというコンセプトにも脱帽!とても1993年作品とは思えない完成度を誇るし、後発の汎ヴィジュアル系バンドの多くはこの作品の影すら踏めてないんじゃないでしょうか。