Shotgun Messiah / Violent New Breed

Violent New Breed

Violent New Breed

 

 スウェーデン出身のマルチミュージシャン/プロデューサーTim Sköldがかつて組んでいたハードロックバンドの3rdアルバムにして最終作。

 

 前作までは一般的なハードロックだったそうで(未聴)3rdアルバムのここで一気にとんでもなくヘヴィでアグレッシブなインダストリアルメタルへ特化とのこと。実際に聴いて驚きました。分厚く刻まれるギターリフに、けたたましく響く超強力マシンビートの衝撃ったらもう。とてつもないです。Nine Inch Nailsの「Broken」をどこか彷彿とさせる、怒りが生み出すかのような怒涛の攻撃的サウンドだけど、アグレッションを一点集中させた攻撃性と音圧が半端じゃない。それでいて根底にあるのがハードロックなので、とっつきやすいメロディや弾けまくったギターソロも冴え渡り、聴き手を選ぶようなマニアックさも薄いのがポイント。一言で言えば「機械でコーティングされたHR/HM」。1993年とこの手のジャンルでは割と早い時代にリリースされていますが、この後に大挙したインダストリアルメタルのほとんどのバンドも敵わないんじゃないかと思えるくらいのインパクト。多少単調ではあるけど、一気に聴けちゃいます。激しい音楽が好きな人に広くお勧めもできると思います。